モリサワのゴシック体にそっくりの無料フォント「M+」の導入方法

m-plus-thumbnail

これまで、ブログの写真やサムネイルを作成するのにAdobe CCのフォトプランを契約してきました。

dhw-adobe-master-thumbnail
Adobe Creative Cloud(以下CC)には、以下の3つのプランが用意されています。 PhotoshopとLightr

ただ、一緒についてくるLightroomはあまり使う機会がなく手持無沙汰。
最近ではブログの執筆効率を上げるため、ブラウザ上で簡単に画像編集のできる「Canva」を使うことのほうが多くなってしまいました。

参考Canva

やはり忙しい中でのブログ執筆なので、パパっと作成できる方を使ってしまいがちになります。

たかが月額980円ですが、一年使えば12,000円です。
あまり使わないのであれば、多少不便になるにしても思い切って解約し、そのお金をほかに回せたほうがいいですよね。

Adobe付属のフォントが使えなくなった

Adobeを契約していると、Typekitというフォントライブラリが付いてきます。

有名なモリサワフォントも含まれていて無料でいくつか使えるのですが、その中の「見出ゴ MB31」というゴシック体フォントが好きでした。
WordPressのカスタマイズ記事を書くときに、画像の中に入れる説明文にするととても見やすいからです。

見出ゴ MB31

見出ゴ MB31

もちろん、TypekitはAdobe CCを契約していることが前提なので、解約すると使えなくなります。

急に違うフォントに変えるのも気持ちが悪いですし、「見出ゴ MB31」ではなくてもそれっぽいフォントが使いたい。

そんなわけで探してみることにしたのです。

モリサワに似たフォントはないか

私が使いたいのは、こんな感じのフォントです。

  • ゴシック体
  • ちょっと丸くてコロッとしてる
  • 極太

YouTuberの瀬戸弘司さんが動画内で使われてるフォント。
ズバリこれが私の好みです。

こちらは「モリサワフォント」は有料で1書体2万円もするので手が出ません。

この動画の中で瀬戸さんのお話にも出てくるのが「M+」というフォントです。

詳しくは動画をご覧になっていただきたいのですが、無料のフォントではとても有名なフォントで、「モリサワフォント」と書体が非常によく似ています。

「M+」の導入方法

「M+」は、公式サイトからダウンロードしてPCにインストールして使います。

「M+」ダウンロードと解凍

まず、以下のリンクにアクセスします。

「M+」ダウンロードページ

バージョンがいくつかありますが、最後の数字が大きいのが新しいものなので、そちらをクリックしましょう。

新しいバージョンをダウンロードしよう

新しいバージョンをダウンロードしよう

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar.xz」というファイルがダウンロードされましたが、あまり馴染みのない拡張子ですね。

解凍するには「7-zip」が必要

解凍するには「7-zip」が必要

これを開くには7-zipという解凍ソフトが必要になります。

「7-zip」ダウンロードページ

32ビット版、64ビット版があります。

自分のPCに合った方をダウンロードしよう

自分のPCに合った方をダウンロードしよう

自分のPCがどちらなのかわからない場合は、デスクトップで右クリック → ディスプレイ設定 → バージョン情報で確認できます。

自分のPCのバージョンを確認

自分のPCのバージョンを確認

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar.xz」を解凍します。

ファイルを右クリックし、7-zip → ここに展開と選択します。

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar.xz」を解凍

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar.xz」を解凍

解凍すると「mplus-TESTFLIGHT-063.tar」という圧縮フォルダになります。

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar」

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar」

同じく、ファイルを右クリックして展開しましょう。

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar」を解凍

「mplus-TESTFLIGHT-063.tar」を解凍

無事、フォルダが完全に解凍されました。

完全に解凍が完了

完全に解凍が完了

「M+」のインストール

デスクトップで、+Sで検索窓を開き「フォント」と入力してコントロールパネルを開きましょう。

ttfという拡張子の付いたファイルをすべて選択した状態で、フォントフォルダにドラッグ&ドロップするとフォントのインストールが始まります。

「M+」をインストール

「M+」をインストール

実際に「M+」を使ってみる

インストールが済むと、手持ちのソフトであれば何であっても使用可能です。

例えば、Windows標準のペイントで使ってみましょう。

ペイントでも使用可能

ペイントでも使用可能

いかがでしょう。

「見出ゴMB31」との比較もしてみましょう。
上が「見出ゴMB31」、下がM+で一番太い「M+ 2p Black」です。

「見出ゴ MB31」との比較

「見出ゴ MB31」との比較

いいですねー!
「極太で少し丸みを帯びたゴシック体」これですよ求めていたフォントは!
むしろ見出ゴMB31よりも好きかもしれない!

好みの方はぜひ使ってみてください。

m-plus-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで