WindowsでRAW形式の写真をプレビューする方法

windows-raw-preview-thumbnail

一眼レフカメラを使ってRAW現像をしている方は多いはずです。
わたしは何枚か撮ってその中からよく撮れたものを選定してほかのものは削除するのですが、カメラの液晶だとちょっと小さくてよくわからないことがあります。

windows-raw-preview-01

そんなときは、一度PCにケーブルでつないで見るのですが、WindowsPCだとデフォルトでRAW形式のデータは開けない設定になっています。
今回はそんなRAWデータをマウスのダブルクリックでプレビュー表示できるようにする方法をご紹介します。

Microsoft カメラ コーデック パックをダウンロード

windows-raw-preview-02

以下のリンクから「Microsoft カメラ コーデック パック」をダウンロードします。

windows-raw-preview-03

「Microsoft カメラ コーデック パック」にはプログラムが2つありますので、お使いのWindowsPCのビット数を確かめてください。
スタート ⇒ コンピュータ ⇒ プロパティーと進むとシステムの種類のところに記載されているはずです。

32bitならx86、64bitならx64を選択します。
ダウンロード後、画面の指示に従いインストールします。PCの再起動が促されますので再起動してください。

windows-raw-preview-04

実際にプレビューできるか試してみましょう。
見たいファイルをマウスでダブルクリックしてみます。

windows-raw-preview-05

RAWデータがプレビューできました! PCのスペックにもよりますが、RAWはjpgやpngより容量が大きいので開くのにちょっと時間がかかります。

コーデックで表示できないときに試して欲しいこと

2017年9月12日追記

比較的新しいカメラではサムネイル見れないらしいですよ。

というコメントをいただきました。

RAWデータは、キヤノンなら.CR2、ニコンなら.NEF、オリンパスなら.ORFといった具合にカメラやメーカーによって拡張子が違います。

RAWデータをパソコンで開くためにはパソコンがその情報を持っていないといけないのですが、上記のコーデックだけでは情報が足りないケースもあるようなのです。

実際に私の方でもキヤノンのほかにオリンパスのRAWデータを用意してみたところ、確かにオリンパスのサムネイルが表示されませんでした。

上がキヤノン、下がオリンパス

調べたところ、こういった場合には「FastPictureViewer」というソフトをインストールするとサムネイルが表示されるようです。

もし、上記のコーデックでサムネイルが表示できなかった方は、以下の流れを試してみてください。

まず、下記サイトから「FastPictureViewer」をダウンロードします。

こちらもbit数を間違えないように選択してください。

ダウンロードができたらインストールをします。英語のソフトですが、気にせずNextを押していれば大丈夫です。

するとご覧の通り、オリンパスのRAWデータもサムネイルが表示されました!

通常のフォトビュアーで開くこともできますし、

「FastPictureViewer」から開くと、右下にExif情報まで表示されてかなり便利です!

ぜひ、お試しください!

windows-raw-preview-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメント

  1. 通りすがり より:

    比較的新しいカメラではサムネイル見れないらしいですよ。
    うちもコーデック入れましたが2016年発売カメラのRAW見れませんでした。

    • 山川 達也 より:

      ご報告いただきありがとうございます!
      それは知りませんでした! メーカーの違いとかもあるのでしょうか?
      誤った情報をお伝えしてしまうので、記事の修正をさせていただきます。