Wifi機能がない一眼レフカメラからiPhoneに写真を転送する方法

usb-camera-adapter-thumbnail
カメラ女子
一眼レフカメラで撮った写真をインスタにあげたいんだけど、私のカメラWifi使えないじゃん!パソコンも持ってないしどうしたらいいの!?

みなさんの持っている一眼レフカメラにWifi機能は付いているでしょうか?
「一眼レフカメラで撮った綺麗な写真をInstagramにアップしたい」という方は非常に多いと思います。

そこで紹介したいのが、「Lightning to USB Camera Adapter」です。

これは、Appleが販売しているカメラのUSBケーブルとiPhoneを接続するためのアダプターです。

これを間に噛ませることで、Wifiが使えない一眼レフカメラで撮った写真をiPadやiPhoneに直接転送することができるようになるのです。

Lightning to USB Camera Adapterの使い方と特徴

使い方はとても簡単です。特別なアプリも必要ありません。

カメラを買ったときに付いてきたUSBケーブルにこのカメラアダプターを接続し、あとはiPhoneのLightningコネクタに挿すだけです。

usb-camera-adapter-01

iPhoneと接続

アダプターと接続されると一眼レフカメラの中身が自動で認識され、iPhoneにサムネイル画像が表示されます。

jpgだけでなく、RAWファイルも読み込めます。

usb-camera-adapter-02

カメラ内の写真を自動で表示

読み込み操作

読み込みたい写真を選択して、右上の読み込むをタップします。

全て読み込むか選択した写真のみを読み込むか聞かれるので、選択項目を読み込むをタップします。

usb-camera-adapter-03

写真を選択

読み込みが終わった写真はチェックマークが緑色に変わります。

usb-camera-adapter-04

写真が読み込まれる

最後に、読み込んだ写真をカメラに残すか削除するかを選択してください。

usb-camera-adapter-05

読み込み完了

iPadであれば撮った写真を大きい画面で確認するのに便利ですし、iPhoneならSNSにアップもできます。

その他の写真転送に便利なアイテム

「USB Camera Adapter」以外の写真転送に便利なアイテムを紹介します。

Lightning – SDカードカメラリーダー

「SDカードカメラリーダー」はSDカードから読み込むタイプです。

こちらもAndroid端末には使えません。

メリット
カメラの差込口を使わないので本体の摩耗がなくなる。
デメリット
SDカードを毎回取り出さなくてはいけない。

Eyefi Mobi

SDカードにWifiが付いた「Eyefi Mobi」です。

こちらはWifiで直接飛ばすのでAndroidでも使用可能です。

参考AndroidでのMobiカードの追加方法 – Eyefi Customer Care

メリット
アダプターを持ち歩く手間が省ける。
デメリット
Wifiを使用するので、バッテリーが食いやすく容量単価が高い。

アップル製品はやっぱり高い

アップル製品ということもあって、アダプターで3,200円は正直高く感じます。

サードパーティー製もあるのでそちらで間に合わせるという選択肢もありますが、粗悪品にあたってしまうのが怖いです。

やはり正規品だと安心感はありますので、よほどお金に余裕がない限りは正規品を購入するようにしましょう。

一応Amazonと楽天の購入リンクを紹介していますが、アップルの公式ホームページから買うのが一番安全かもしれません。

アップルの販売ページはこちらです。

参考Lightning – USBカメラアダプタ – Apple(日本)

usb-camera-adapter-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)