Amazonマーケットプレイスで詐欺に会わないために注意したい3つのこと

amazon-fraud-thumbnail

Amazon使っていますか? 私というと、通販のほとんどがAmazonといっても過言ではありません。プライム会員にもなっています。

必要なものがほとんど揃いますし、他サイトと比べても格段に安い! もうAmazonなしでは生きていけない体になっています。

amazon-fraud-01

最近狙っているものにフルサイズの一眼レフカメラがあります。安くならないかなーとたまに覗きにいっているのですが、今日見たらいつもより5万円くらい安くなっていてびっくり!

危うくポチってしまいそうになりましたが、一歩踏みとどまってよかった。出品者がマーケットプレイスで販売している詐欺業者だったのです。

マーケットプレイスには細心の注意を

通販の便利さに慣れてしまい、隅々までよく調べず注文している人は多いのではないでしょうか?

通販は実際の買い物とは違い、相手の顔も商品も見えません。「まさか私が引っかかるわけない」と思わず、毎回万全の注意を払って注文する必要があります。

Amazonにはマーケットプレイスというシステムがあります。

マーケットプレイスとは

一般企業や個人が金額を自由に決め、Amazonに商品を出品できるシステム。中古販売店やせどりの販売ツールとしても利用されています。

覚えておきたいのは、あくまでAmazonは商品の登録、保管、管理をするところであり、Amazonが商品を販売しているわけではないのです。

マーケットプレイスで販売をするための審査は一応あるものの、詐欺やそれに近い行為をおこなう悪質出品者が多くいるというのが現状です。

自由に金額を決められるので、粗悪品を極端に安く設定していたり転売目的で高く設定していたりします。今回の詐欺業者に至っては、PC・家電などを専門に扱う某企業の会社名を模倣しており、出品者情報も住所や代表者名をそのままパクっているというとんでもない人物です。

その企業に問い合わせたところすぐに返信が届き、すでにその人物については把握しておりAmazonにも通知・通報済みということでした。

Amazonで詐欺に会わないために

被害者のレビューでよく見かけるのが、「ちゃんと評価を見ておくべきだった」というものです。そして、その中のほぼ100%の人がマーケットプレイスから購入しています。

24212518

Amazonで買い物をするときは、これからあげる3つの点に注意して注文してください。

販売・発送がどこかを確認する

Amazonの販売・発送には次の3パターンがあります。

  1. Amazonが販売・発送するもの
  2. 企業が販売してAmazonが発送するもの
  3. 企業が販売・発送するもの

この3パターンです。

一番安全なのはAmazonが販売・発送するもの。あとの2つは注意が必要です。

今回の詐欺業者はこの2番目のパターン。いくらAmazon発送の品物でも、中身まではしっかり確認していないということが明らかになりました。

評価を確認する

もし、Amazon以外の販売・発送であるなら、その業者が本当に信頼できるのか評価を見てみましょう。評価は業者名をクリックすれば見ることができます。

amazon-fraud-03

新規販売者からは買わない

まだ一度も販売をしたことのない業者は、「新規出品者」と表示され評価がありません。まともな販売者には申し訳ありませんが、詐欺業者が新しく作ったアカウントの可能性もあります。

少しでも不安を感じたら新規出品者からは購入しないことをオススメします。

以上の3点をしっかり確認すれば、詐欺に引っかかる確率は格段に低くなるはずです。

もし、被害にあってしまったらどうする?

「まったく違う商品が届いた」「最初から壊れていた」などの詐欺に会ったらすぐに返品・交換を要求しましょう。

amazon-fraud-04

PCなら右上のアカウントサービスから[注文履歴]をクリックします。

amazon-fraud-05

そして、[商品の返品・交換]をクリックします。

amazon-fraud-06

返品・交換の理由を選択して、コメントはなるべく詳細に書きましょう。

返品・交換には受付可能期限があります。過ぎてしまうと受付フォームが表示されなくなってしまうので気を付けてください。

amazon-fraud-07

商品を交換してもらうか返金だけにするか選択できます。

amazon-fraud-08

最後に内容を確認して、間違いがなければ黄色いボタンをクリックすれば受付は完了です。あとは期限内に着くように商品を送りましょう。

まとめ

Amazonは世界的にメジャーなサイトですが、そんなことはお構いなしに堂々と詐欺がおこなわれています。

Amazon以外でも注意していただきたいのが、あまり知られていない通販サイトや個人でおこなっている通販サイトから購入するときです。そういったときは、怪しいところがないかしっかり調べたうえで購入するようにしてください。

amazon-fraud-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメント

  1. 匿名探偵 より:

    ここ最近のamazonはちょっとヤバいですね。

    4,5000円が相場で微小の変動しかしていなかった市場に、今年度に入って急に1000円切った値で断続的に出品するなど、異常な出品者が様々な商品に出没しています。

    それらは海外からの発送(中国)であったり、新規出品者でありamazonのチェックがいかにいい加減であるかを痛感させます。

    このままではamazon側にも利用者との信用問題や購入者側のチェックの手間が増えるなど、結果的に利用者のamazon離れが加速し、多大な被害を被ることになるのではないかと思います。

    本当に何とかしてほしいですね。あと、カスタマーレビューに明らかに日本語がカタコトであったり日本人に成りすまして自演と思われるレビューが大量に投稿されているのも気になる。amazonで信用して物を買えない時代が来てるかもしれないですねぇ

    • 山川 達也 より:

      >> 匿名探偵様

      コメントありがとうございます。

      本当にそうですよね。

      通販サイトは、相手の顔が見えない分信頼第一で成り立っているので、Amazonにはマーケットプレイスの管理をしっかりやっていただきたいです。

      一部の業者のせいで信頼が落ちてしまうのはかわいそうですが、世界最大級の通販サイトとしてユーザーの利用数も多いだけにその責任もあるかと思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。