整体師がWordPressテーマ作りました

Healerは、スマホ&タブレット対応・SEO対策済みの整体院・サロン専用テーマです。

お客様の声やWeb予約カレンダー表示機能など便利機能が搭載されています。

詳しくはこちらから。

公式サイト

WordPressの抜粋表示には「mb_substr」ではなく「the_excerpt」を使った方がいい理由

mb-substr-wordpress-thumbnail

最近、SEO的に画像にaltとキャプションを入れるのも無視はできないという記事を読み、わたしも実践するようになりました。

参考グーグル推薦SEOに有効な画像altタグの書き方

altタグの中身をしっかり書いておくことで、Googleの画像検索にヒットしやすくなるそうなのでぜひ入れてみてください。

参考alt属性の良い事例(つけ方・書き方)|情報バリアフリーポータルサイト

キャプションも読者の目を引きつけるという意味でないよりはあったほうがいいそうです。

さて、今回はSEOの話ではないのでそれは一度置いておくとして、ブログをされているみなさんも記事一覧に記事抜粋を表示して「続きはこちら」などとリンクにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで私もこちらを参考にさせていただきPHP関数で抜粋を表示していたのですが、ちょっと問題が起きたので備忘録とします。

WordPressでmb_substrは条件次第では使いづらい

以下のコードをWordpressのループ内で使うと記事の抜粋を表示してくれます。何文字読み取るかも自由に設定できるので、記事一覧ページや関連記事一覧などで各所変更ができるので大変便利です。

<?php echo mb_substr( strip_tags( $post->post_content  ), 0, 70, "utf-8") . ''; //記事本文の抜粋を70文字だけ取り出す?>

ただし、ある条件下だとちょっと不便なことが起こります。それが以下のスクリーンショットです。

mb-substr-wordpress-01

こちらの関数を使うとご覧の通りキャプションのコードもそのまま読み込んで表示してしまいます。[](角括弧)を文字として認識してしまうからでしょう。

Wordprsssテンプレートタグthe_excerptを使いましょう

おなじみですが、Wordprsssテンプレートタグthe_excerptを使うことで解決します。

<?php the_excerpt(); ?>

こちらのタグにmb_substrを併用することで文字数を自由に変更することも可能です。

以下の例では0文字目から70文字を抜粋して表示します。70のところをいろいろ変えてみてください。

<?php echo mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 70); ?>

mb-substr-wordpress-02

これでキャプションは読み込まなくなりました。

そもそもWordpressにこんな便利なテンプレートタグがあるのだから、PHP関数を使う意味はないような気がしますけどね(笑)

mb-substr-wordpress-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。