整体師がWordPressテーマ作りました

Healerは、スマホ&タブレット対応・SEO対策済みの整体院・サロン専用テーマです。

お客様の声やWeb予約カレンダー表示機能など便利機能が搭載されています。

詳しくはこちらから。

公式サイト

404エラーページへのアクセスを処理する最も簡単な方法

404-top-redirect-thumbnail

ブログをある程度長くやっていると、どうしても納得がいかなかったり、いろんな理由で記事を削除してしまったという経験は誰しもあるかと思います。

しかし、ネット上にはキャッシュというものがあり、削除しても完全に消えるまでには時間がかかるため、たまたまそのページにアクセスがあったりすると404エラーページが表示されてしまいます。

404エラーページとは、WEBサイトにアクセスする際、リンク切れなどで、ユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に、表示されるエラーページのことです。 この際、ステータスコードが404で処理されるため、404エラーページと呼ばれています。 このようなページを見かけることがあると思います。 これが404エラーページです。

カスタム404エラーページとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

読者は目的のページがないとわかればすぐにブラウザバックしてしまいます。これって非常にもったいない。なんとかこのあたりをうまく処理したいですよね。

TOPページに飛ばしちゃえばいいのでは?

404という表示はダサいので、なるべくアクセスしてほしくない。そんなときに見つけたのが、404エラーページにアクセスがあったときにTOPページに強制的に飛ばしちゃうという方法です。

目的の記事はなくなってしまっているのだから、404を表示するだけ無駄です。TOPページからほかの関連記事を読んでもらえるかもしれないですしね。

では、コードです。

[php]
<?php
header( "location: " . home_url() );
?>
[/php]

子テーマに404.phpを作り、こちらを丸々コピペするだけです。これで、404エラーページにアクセスがあったときに、すぐにTOPにリダイレクトします。

ユーザビリティー的には優しくない

上のやり方だと確かに楽なのですが、訪問者は404であるかもわからないうちにTOPに飛ばされてしまうので、ユーザビリティーという点をみると最悪かもしれません。

WordPressなら、404エラーページを編集して専用ページをカスタマイズできます。例えばバズ部さんでは、404エラーページにアクセスがあった場合に検索フォームと人気記事をランキング表示するカスタマイズを紹介しています。

うーん、そのうち実装してみたい。というか、ユーザビリティーを考えればこっちを実装したほうが正解なのは言うまでもありません。

楽を取るか利便性を取るか、お好きなほうをお試しください。

バズ部さんのカスタマイズを実際にやってみました

2017年4月7日更新

やろうやろうと思いながら5ヶ月が経ちましたが、STINGER7からSTINGER8へ移行したついでにバズ部さんのカスタマイズで404エラーページと検索結果ページのカスタマイズをおこないました。

コードもSTINGER8用に改良したものを紹介しているのでよろしければご覧ください。

404-top-redirect-thumbnail
この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

Gravatarに登録すると、お好きな画像をアバターに設定できます。