Lognote

整体師によるお役立ち情報ブログ

ssd-retrofit-and-memory-expansion-thumbnail

SSD換装とメモリ増設で爆速化大作戦!これで写真現像が捗るぜ!

2016-01-07

2016年、パソコン改造計画の第一弾! 今日はSSD換装とメモリの増設をしてPCの高速化をしたいと思います。

写真の現像をするとき、ブログ用の写真の加工をするときなどにAdobeのLightroomやPhotoshopを使っているのですが、起動して使えるようになるまでものすごく時間がかかりストレスが溜まっていました。
ときには重すぎて固まることもしばしば。

仕事を効率よくこなすためにも、今回のプチ改造は欠かせません!

SSD換装とメモリの増設をします

準備したのはTranscendのSSDとメモリです。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-01

SSDは、Amazonのタイムセールで約2,000円ほど安く手に入れました。
Transcendは、よくタイムセールに商品を出しているのでチェックしておきましょう。

メモリを増設

まずは簡単なメモリの増設からしてみます。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-02

パソコンのケースを開けると緑色の板のようなものがあります。
これがメモリといわれるもので、実行中のソフトやアプリのデータを一時的に保存しておくためのパーツです。
メモリが少ないと、同時にいろんなソフトを起動したときにパンクしてしまい、パソコンの故障につながります。

8GBを積んでいたのですが、6GBくらい消耗することがあって心許なくなってきたので、今回はこれを8GBから倍の16GBまで増やします。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-03

爪を上に押し上げると簡単に外れます。古いメモリを2枚はずして新しい8GBを2枚差し替えます。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-04

こちらが8G×2のメモリです。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-05

戻すときもカチッとなるまで押し込むと取り付けできます。
逆だと入らないので、向きは注意しましょう。
パソコンを起動すれば認識はすでにしているので、問題なく使えます。

4つまで付けられるので理論上24GBまで増やせますが、メーカーの異なるものや容量の異なるメモリを一緒に使うとよくないと聞いたことがあるので、とりあえず2つだけにしました。

交換した4GB×2は、サブPCの自作に使おうかと思っています。

SSD換装

ちょっと初心者には難しいハードディスクの交換です。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-06

本体と3.5インチのサイズ変換用ブラケットが入っていました。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-07

マザーボートと接続するシリアルATAのケーブルも忘れずに!
これがないと致命的!

ssd-retrofit-and-memory-expansion-08

ハードディスク設置の余ったところを引き出して、SSDをネジ止めします。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-09

私のケースはSSD用のネジ穴が付いていたので、ブラケットは要りませんでした。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-10

電源から出ている電源ケーブルを引き出してSSDに。
シリアルATAケーブルとマザーボードも接続します。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-11

マザーボードにはSATAと書いているので、そこにケーブルを接続します。

HDD→SSDにデータ移行

SSDを接続したら、パソコンに存在を認識させないといけません。
その方法は、こちらを参考にさせていただきました。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-12

SSDをフォーマットすると、無事使えるようになります。
SSD増設ならここで終わりですが、今回はSSDをOS起動用のメインドライブに変更する作業があります。

これまで使っていたHDDには、OSなどシステムプログラムが入っています。
そこで、中身をSSDに丸ごとコピーしなければいけません。

ここで注意ですが、元のHDDの容量の方がSSDより大きければ全て入れられません。
外付けのHDDなどに、余分な分を逃がしてあげたほうがデータコピーはやりやすいです。

今回データコピーに使ったソフトは、「Todo Backup Workstation 9.0」というものです。

無料版と有料版がありますが、無料版で十分です。
使い方については、こちらを参考にさせていただきました。

ssd-retrofit-and-memory-expansion-13

無事クローンできました。
最大容量の数字を見ていただくと、HDDとSSDが逆になっているのがわかるかと思います。

ベンチマークしてみました

読み書きの速度比較をしてみました。

トランセンドSSD370 TS512GSSD370S

ssd-retrofit-and-memory-expansion-14

東芝DT01ACA050(今まで使っていたHDD)

ssd-retrofit-and-memory-expansion-15

ひゃー! 3倍弱くらいのスピードが出ています!!
体感的にも明らかでした。

Lightroom、Photoshopの起動してから使えるようになるまで10秒もかからなかったのには驚きました。
これでストレスなく作業も捗りそうです。

-PC・ガジェット

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

windows10-sign-in-restoration-thumbnail

Windows10で「アカウントにサインインできません」と出たときのプロファイル復元方法

今朝、パソコンを付けたらこのような表示が出ました。 「この問題は、アカウントからサインアウトし、もう一度サイン …

モニター一台でパソコンとゲームの画面を手元で切り替えられるHDMIセレクター

ゲームをするとき、遊ぶ機種に応じて一回一回テレビにケーブルを抜き差しするのって面倒じゃないですか? さらにいう …

google-chrome-theme-custom-thumbnail

Google Chromeのブラウザテーマに自分の好きな写真を登録する方法

Google Chromeの魅力の一つとして、気分に合わせてブラウザのテーマを変更できるというカスタム機能があ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人のヤマカワです
山形在住、整体院「癒眠」院長
3級ウェブデザイン技能士
satoshi
2016/5/02
Youth Action for Kumamoto(facebookページ) 熊本大分支援コミュニティー 2016年4月14-16日に熊本県・大分県で発生した地震の災害情報共有コミュニティです...
lognote
2016/4/18
>カンガルー様 情報ありがとうございます! 早速、記事のほうに追記させていただきます。
STINGER8

AFFINGER4

Healer